banner

助成金について

会社設立のときに利用できる厚生労働省の助成金

会社設立をすれば従業員を雇って給料を支払わなければならないことがあります。このときには、厚生労働省が行っている様々な助成金を利用する事ができます。その一つが雇用調整助成金です。
景気が変動したり、あるいは産業構造が変わったりすることによって、事業活動を縮小せざるを得ない場合もあります。このようなときには、一時的に従業員を雇うことができなくなる場合もあります。このようなときに、一時的な休業や教育訓練などを行うことによって雇用を維持した場合に受け取ることができます。
雇用を維持することによって助成を受けることができるのです。ですから、会社設立をする時点でいろいろな情勢金の情報を把握しておくのが良いでしょう。

厚生労働省の助成を受けるためには、まず雇用保険が適用されている事業主であることが必要です。様々な助成は保険料の中から行われるわけですから、雇用保険に加入していることが条件となります。
また、事業を縮小せざるを得ない状況にあることも前提となります。具体的には、直近3ヶ月の売上げや生産量が、前年同期に比べて1割以上減少していることなどが条件の一つとなるのです。
他にもいろいろな状況がありますが、何らかの理由があって売上げが落ちて、本来は解雇しなければならないような状態のときに、解雇せずに雇用を維持することを促進していると考えられます。

事業が縮小して収入が落ちた場合には雇用調整を行わなければならないのですが、受給の対象となる雇用調整の対象は休業と教育訓練、出向とがあります。
知識や技術を向上させるために何らかの教育訓練を行ったときにも、給付を受けることができますし、それ以外にも出向した場合にも給付を受けることができますが、それぞれ条件が定められています。

給付を受ける事のできる金額についてですが、事業主が支払った休業手当などの金額の一部となるのですが、その割合は大企業の場合には2分の1、中小企業の場合には3分の2と定められています。

ただし、労働者一人当たり7,830円が上限となります。これが基本的な金額となり、教育訓練を実施したときには、1日当たり1人当たり1,200円が加算されます。

厚生労働省としては、できるだけ雇用を辞して欲しいと考えていますから、会社設立をするときや、会社設立をした後にも様々な助成を行っています。これらがある事を知っておけば経営を安定化させることもできるでしょう。ですから、会社設立をする時点で把握しておくと良いです。

Copyright(c) 2014 合同設立と株式会社設立の設立方法の違いについて、知ってメリットを活かした会社設立を!!ll Rights Reserved.