banner

登録免許税

株式会社設立のための登録免許税について

株式会社設立時には登録免許税を支払わなければなりませんこの金額についてですが、資本金の0.7%か15万円かの大きい方となっています。例えば、資本金が300万円の会社の場合には、まず300万円の0.7%を計算します。計算をすると2万1千円となりますが、この金額は15万円よりも小さいですから、この時には会社設立の登録免許税として15万円を支払わなければなりません。

資本金が2,000万円の場合、2,000万円の0.7%は14万円ですから、これくらいならまだ納税額は15万円となります。ですから、それほど規模の大きい会社を設立しないのであれば、15万円をが税額になると考えておいて問題はありません。

資本金の金額が大きいほど信用力を得る事はできるでしょう。ですから、会社設立の段階でできるだけ多くの資本金を準備したいという人もいるでしょう。2,000万円くらいまでなら資本金が大きくなっても、会社設立のときに支払う登録免許税がかからないのですから、最初から大きくしておきたいと考える人も多いようです。しかし、消費税のことを考えれば、1,000万円未満にしておくほうが良いです。

資本金が1,000万円以上になれば、その年から消費税を納めなければなりません。資本金を1,000万円未満にして会社設立をすれば、最大で2年間は消費税が免除されるのですが、これを利用できなくなるという点に注意しておきましょう。消費税を価格に上乗せしても十分に売り上げられるというのなら、資本金を大きくしても良いですが、そうではないのなら1,000万円未満にしておくほうが良いでしょう。

では、安くても良いのかというと、安すぎるのはよくありません。資本金で信用力はある程度決まりますから、法的には1円の資本金で会社設立ができるとは言っても、それでは取引先から信用してもらうことができないでしょう。例えば、銀行から信頼されないために、銀行口座を開設する事ができない場合もあります。

では、どれくらいなら信用を得られるのかというと、一つの基準は300万円です。現在のように株式会社設立での資本金規制がなくなる前には、有限会社を設立することができました。有限会社を設立するための最低資本金は300万円で、これだけである程度の社会的信用力は得られましたから、現在でも300万円くらいあれば信用力を得る事ができると考えられます。300万円以上1,000万円未満で考えるのが良いでしょう。

Copyright(c) 2014 合同設立と株式会社設立の設立方法の違いについて、知ってメリットを活かした会社設立を!!ll Rights Reserved.