banner

会社設立の流れ

格安での会社設立の流れとポイントについて

会社設立の流れの中で、幾つかのポイントを押さえておくことで格安での設立が可能になります。

会社設立の流れの最初には会社の憲法と言われている定款を作成します。

一般的には、定款を作成する際に、紙の定款を使わずに電子定款にすることで印紙税の4万円が節約できると言うメリットが有ります。
また、会社設立時に定款の中で決済公告の方法を定める事とで、費用を節約できると言ったメリットもあるのです。

会社における決算と言うものは、世間に対して公告を行う必要が在ります。
定款の中でどのような手法で公告を行うのかによっても費用面での節約が可能になるのです。

例えば、定款の中で会社の公告の方法を官報に掲載する方法で行うように定めてしまうと、毎年官報への掲載費用が6万円掛かることになるのです。
その点、インターネットによる電子公告にすることでこの費用を節約する事が出来るのです。

この場合は、定款の中で、公告の方法はインターネットによる電子公告で行うと言う形にしておき、更にURLを登記する事でこの方法を利用する事が可能になるのです。

しかしながら、ホームページを持たないとこの方法は利用できませんが、現在は格安でホームページを提供してくれる会社も多くありますので、このような会社を利用する事で公告における費用を節約する事も可能になるのです。

会社設立を行うと、設立後2年間は消費税が免税されます。
免税は消費税を納める必要が無いと言う事になるのですが、個人事業を手掛けている人などの場合は、この消費税を支払い続けているのですが、
個人事業を手掛けている人が会社設立を行って法人にすることで、免税になるわけです。

尚、免税は第1期目においては消費税免税になりますが、第2期目から消費税が課税されるケースも在るので注意が必要です。
そのため、消費税を節約する意味において、第1期目を長めにしておくと税金の節約にも繋がるのです。
因みに、個人事業を手掛けていた人が会社設立を行う際に、資本金の額を1000万円以上にしてしまうと免税の措置が取られませんので注意が必要です。

また、1期目に設備投資を行った時など、消費税課税事業者を提出しておくことで消費税が還付されることも在ると言われています。

会社設立を行う時には資本金の払い込みを行います。
資本金は一般的には金融機関に対して現金での払い込みを行いますが、資本金は現金だけではなく、物などについても資本金とすることが可能になります。

これは現物出資と呼ばれる方法で、現物出資500万円以上の場合は、弁護士もしくは公認会計士の検査が必要になります。
現物出資を利用する事で資本金の予算が足りない場合でも、会社設立が格安で出来ると言う事なのです。

Copyright(c) 2014 合同設立と株式会社設立の設立方法の違いについて、知ってメリットを活かした会社設立を!!ll Rights Reserved.